本文へジャンプ

OKIOpen up your dreams

OKIコンサルティングソリューションズ

  • OKIホーム
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

 


現在位置:Home > ソリューション > 免震装置


ソリューション

免震装置

事業継続計画(BCP)では自然災害へのリスク対策が重要です

概要

  • 地震災害からIT機器や大切な商品を守ることは事業継続計画(BCP)において重要なポイントです。
  • 免震とは、読んで字の如く“地震から免れる”技術で地震の力を受け流すことが特徴です。IT機器や大切な商品に免震を施しておけば、万が一地震が起きてもゆっくり静かに揺れるだけです。
  • 地震対策としては免震のほかに耐震施工があります。免震と耐震の違いは下表の通りです。耐震の場合、搭載物が倒れなくても衝撃は緩和されません。衝撃が大きいと中身が飛び出すなどの不測の事態が発生する可能性もあります。
  • 衝撃の大きさを考慮すると免震の「揺れない」構造は搭載物そのものを守ります。
  イメージ 地震の衝撃/機器・業務への影響 比較実験
耐震 耐震構造のイメージ図
倒れない(転倒防止)ことを目的に床やコンクリートスラブに直接固定
衝撃波の増幅
地面の振動を直接受けるため、中身(機器)が振動とともに揺れる。対象物の変形・破壊→障害発生→業務停止と被害が大きくなる恐れがあり、取引先やお客様への影響も及ぼしかねない
耐震実験
加振加速度768gal
塑性変形捩れ発生
免震 免震構造のイメージ図
「揺れない」ことを目的に床に免震装置を設置しその上に対象物を搭載
刺激波の大幅減少
地面の振動と絶縁しているため、中身(機器)に直接的な振動を与えず安定・安全、大きな衝撃を受けても被害を最小限に抑え、短期間で業務再開できる程度にとどめる
免震実験
加振加速度770gal
異常発生せず

免震の技術要素

免震技術は地震の振動を制御する振動制御技術そのものです。免震技術要素、滅衰力、復元力、載荷力、固有周期、振幅

技術要素 概要
減衰力 地震の揺れるエネルギーを吸収するブレーキの役割を果たす力、この力を制御しないと揺れた状態のままになる
復元力 揺れた位置から元に戻ろうとする力、この力を制御しないと揺れた位置にとどまった状態になる
載荷力 支承に加わる力(対象物の質量)
固有周期 装置のそれぞれの特有な周期(物質はそれぞれ固有に周期を持っている)、地震の固有周期と装置の固有周期を持つ周期で揺れを制御すると共振しより強く揺れる
振幅 揺れる幅(距離)のこと

ASTCR免震の技術原理

ASTCR免震装置は振り子の原理を用いた車輪とレールのシンプルな構造の組み合わせでできているのが特徴です。
TCRとは「TUNED CONFIGURATION RAIL」の頭文字を取ったもので、ASTCR免震装置とは調整されたレールで構成されている免震装置のことです。

ASTCR免震装置は振り子の原理を用いた車輪とレールのシンプルな構造の組み合わせでできているのが特徴

ASTCR免震商品の一例

サーバーラックや電算室向け免震装置のほかに、美術品や産業設備向け装置も取り揃えています。

サーバーラック・電算室向け 主な特徴 導入例
セパレート型 セパレート型免震装置イメージ写真 業界最大級の耐荷重最大1トン、サーバーラックを連結させて設置するのに最適です。ラックの増設も容易です。 今あるラックに設置
セパレート型免震装置イメージ写真 サーバーラックを連結させて設置するのに最適です。コストパフォーマンスを追求したタイプです。
一体型 一体型免震装置イメージ写真 サーバーラックを単独で設置するのに最適です。 新たにラックを設置
床免震 床免震イメージ写真

フロア全体の免震に最適です。小さなスペースからの免震も可能です。

新たにサーバールームを開設、あるいは、レイアウトがまだ確定していない場所に設置
パレット型 パレット型免震装置イメージ写真 移動可能な免震装置です。 工場、物流倉庫などへの設置

ASTCR免震商品の導入事例

サーバーラック・電算室の導入事例サーバーラック・電算室の導入事例

美術品の導入事例
美術品の導入事例

産業設備の導入事例
産業設備の導入事例

  • ※1価格はタイプによりますが、標準価格でおおよそ30万円~50万円です。
  • ※2現地調査から施工工事までワンストップでおこないます。
お問い合わせ先
お電話でのお問い合わせ:03-5445-6015(代表)
Webからのお問い合わせ:お問い合わせフォーム
OKIコンサルティングソリューションズ
新事業コンサルティンググループ

ページの先頭へ