現在位置:Home > 事業概要 > 情報化コンサルティング > システム化構想・計画支援


情報化コンサルティング

システム化構想・計画支援

業務のIT利活用に向けて、構想段階からシステム化計画策定・評価までを5つのステージで支援します。

  1. 現行システム環境分析支援

    現行利用しているITシステム環境を以下の5つの視点から情報収集、評価分析を支援します。

    • IT内部環境分析
    • IT資源分析
    • ITサービスレベル評価
    • 企画開発体制評価
    • IT投資コスト
  2. IT動向調査分析支援

    活用が期待される最新のIT動向や製品を調査し、利活用可能な技術・製品を洗い出し評価します。
    また、対象業務に関わる先進事例をベンチマークしシステム化構想策定時のインプット情報とします。

  3. IT利活用方針策定支援

    IT利活用の対象となる業務、および、業務プロセス範囲を確定します。
    次に、IT活用基盤環境を定め、その目的と実現方針、および、実現すべき目標値の設定を行います。

  4. システム化構想・計画策定支援

    IT利活用方針に基づいて開発するシステム群のシステム化構想とシステム化計画書策定を支援します。

    ・ システム化構想 :
    開発対象となるシステム群の目指す姿、実現方針、開発システム定義、利活用レベル、実現ロードマップ、IT投資計画を立案します。
    ・ システム化計画 :
    開発するシステム群全体の開発方針・方式設計(システムアーキテクチャ、セキュリティ)推進体制、全体開発スケジュール、および、個別システムの開発計画を立案します。
  5. システム化計画達成度評価支援

    達成度評価のための指標を定義し開発完了時に本指標を使った達成度評価を行います。
    評価結果からの課題抽出、および、その解決策の策定を支援します。

特長

  • システム化構想・計画業務に関わる知識と豊富な経験を持つコンサルタントが担当します。
  • 幅広い業種・業態におけるシステム化に対応することができます。

期待効果

  • システム構想の立案により、部分最適ではなく、関連システムを含めた全体最適の実現に寄与します。
  • 本活動の充実は、システム開発工程におけるQCD悪化要因の排除に大きく貢献します。

支援プロセス

システム化構想・計画支援の流れ概念図

ご支援にあたり

  • 経営戦略、計画との整合性を確保することが重要です。
  • セキュリティ、リクスマネジメントの仕組みを合わせて実現していくことで望ましい形になります。
  • 投資対効果を計画化した構想、計画を策定し、経営者の合意をいただく必要があります。

ページの先頭へ