現在位置:Home > 事業概要 > 情報化コンサルティング > システム調達支援


情報化コンサルティング

システム調達支援

システム化計画に基づくシステム調達活動を3つのステージで支援します。

  1. システム調達計画策定支援

    調達に先立ち、システム調達計画書策定を支援します。
    計画時に決定すべき主な事項は以下のとおりです。

    • 調達範囲確定
    • 調達方法決定(一般競争入札/企画競争、一括調達/分離調達等)
    • 選考基準策定
    • 契約方法決定
    • 調達スケジュール作成
    • 予定価格設定
  2. 調達仕様・提案依頼書(RFP)作成支援

    調達候補先から提案いただくための調達仕様・提案依頼書(RFP)作成を支援します。
    記述内容の主な事項は以下のとおりです。

    • 調達範囲/内容
    • 達成目標
    • 期待効果
    • 実現する業務プロセス
    • システム要件
    • 開発スケジュール
    • 開発/運用/保守条件
    • 契約条件 等
  3. 調達・選定・契約支援

    調達から契約までの活動を支援します。
    主な活動内容は、以下のとおりです。

    • 提案依頼対象者選定
    • 調達依頼説明会実施
    • 調達先決定
    • 契約内容合意

    なお、対象者選定においては、技術的能力、実績、開発能力、品質管理能力、財務安定度等評価等に留意します。

特長

  • 調達経験、開発経験豊富なコンサルタントが、システム開発からの視点を含めた広い視野をもって活動を支援します。

期待効果

  • 選考基準に基づく総合的な評価により、システム化の目的、目標に適合した調達が実現できます。

支援プロセス

システム調達支援の流れ概念図

ご支援にあたり

  • 公平な立場で、公正、オープン、透明性を確保して実施し、総合的な視点を持つことを重要視します。

ページの先頭へ